【事務局】JBA バスケットボール事業・活動実施ガイドライン(手引き)

JBA バスケットボール事業・活動実施ガイドライン(手引き)
第5 版(2022 年5月12日作成)

はじめに

 2020 年2月以降、新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の感染拡大によって多くの競技活動や大会の自粛を余儀なくされています。スポーツ活動を含めた活動制限や行動自粛の解除は、その収束に応じて段階的なプロセスを経て実施する必要があると思われます。新型コロナウイルスの影響により、厚生労働省、文部科学省、スポーツ庁を始め日本スポーツ協会や日本オリンピック委員会等、各種統括団体向けのガイドラインが策定公表されています。
 2020 年6月8 日に「JBA(公益財団法人日本バスケットボール協会)バスケットボール活動再開に向けたガイドライン」第1 版を発表、2020年9月10 日発表の第2 版では、バスケットボール活動を実施しながら、陽性者・濃厚接触者・体調不良者が出た場合の対応及び競技会・講習会を実施する際の可否判断の参考となる指針をまとめ、2021年1月20 日発表の第3版は、「JBA バスケットボール事業・活動実施ガイドライン(手引き)」と名称を変更し、「withコロナ」として活動が実施されている現状においてより実態に沿うガイドラインとして事業・活動実施方針を再構成し、またこれまでの経験を元に競技会・講習会の実施条件、実施への準備及び対応を追加しました。2021 年 9 月 9日発表の第4版では、感染力が強いウイルスがまん延している現状を踏まえ、感染対策を再度徹底すること、競技会・講習会の主催者は参加者に感染対策を徹底する意識を持つこと、PCR 検査の効果やリスク、ワクチン接種、COVID-19罹患後のスポーツ復帰についての記載を追加しました。
 2022 年5月12 日発表の第5 版では,濃厚接触者隔離期間の変更に伴う大会参加基準、現状の変異株の状況に応じた復帰フロー等について修正を行っています。
 都道府県協会(以下「PBA」)では必要に応じて本ガイドラインを参照し、地域特性に応じた都道府県のガイドライン作成に取り組んでいただけるようお願いします。
なお、本ガイドラインは2022 年4月15 日現在で得られている知見等に基づき作成しています。
 今後、状況に応じて、本ガイドラインについても見直すことがあり得ることにご留意ください。
 参考としたその他資料については巻末にまとめておりますのでご参照ください。

公益財団法人日本バスケットボール協会

ダウンロード

JBA バスケットボール事業・活動実施ガイドライン(手引き)

一般財団法人大阪府バスケットボール協会 事務局

〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目7番31号 OMMビル13階L1室
電 話 : 06-6945-5601 / FAX : 06-6945-5602

※京阪電車「天満橋」駅東口、地下鉄谷町線「天満橋」駅北改札口からOMM地下2階に連絡
協会へのメールは【お問い合わせ】より送信願います。
電話の場合は月~金 PM1:00~PM5:00にお願いします。